日本拳法 研修会について

日本拳法 研修会は1980年に 関 哲男 師範が設立した

フリースタイル拳法です。

令和になり研修会を復活したく成田氏、高橋氏、今岡氏へ

協力を求め設立代表者である 関 哲男氏より許可を頂き

この度、日本拳法 研修会を立ち上げる事となりました。

新たなる修行の始まりと心しておりますので、今後とも

皆様方の御支援の程よろしくお願いいたします。

代表師範 森田 勝宏

■日本拳法の概要

 日本拳法は、素手の格技である。

 その技術構成は、拳の突打、足の蹴り(うちわぎ)と
 組みついた場合の投げ技、関節の逆技などの諸技とを

 統合した人間の最も本来的な格闘技術である。

 その特徴は、突打蹴の博技に対して創案の防具を着装

 して安全に、かつ、自由に撃ち合って稽古をする事

 ある。この稽古法を乱(らん)稽古と言い練技の主流

 とする。また、この稽古様式によって今まで出来なか

 った試合を可能にしたことである。

■波動拳の概要

 波動拳とは、突打蹴に波動の法則を適用した

 ものである。

 拳足は波動法則によって、その撃力を著しく

 強化し、かつ、その動きを加速する事になる

 のである。

 我々が強調する博技であるが、特にこの中の

 握拳波動突は日本拳法の創設者である

 澤山 宗海先生が創案するもので日本拳法が

 誇る独自の強撃である。